ニキビ改善どっとこむ

 

ニキビに効果的な基礎化粧品と洗顔方法

ニキビの女性

皆さんもニキビには1度は悩んだことがあるのではないでしょうか。そして、皆さんはニキビができた時にはどんな対処をしていますか。

 

そこで、ここでは、基本的なニキビになってしまった時の効果的な基礎化粧品の選び方と洗顔方法を紹介します。

 

まず、ニキビと聞くと、オイリー肌だからなってしまうという考えがあるかもしれませんが、それだけではありません。乾燥している肌もニキビになりやすく、しかも跡に残りやすいです。

 

ニキビができてしまった時、そして予防面でも必ず必要になることが「保湿」です。
肌に一定の水分を保っていないと、ニキビはできてしまうのです。

 

そこで、おすすめなのが、ちょっと乾燥肌気味だなと思う方は、セラミド成分が配合された基礎化粧品やメイクを日頃から使用するようにしましょう。

 

セラミドは、保湿効果にとても優れていて、肌のバリア機能を回復させるという働きがあります。特に副作用等はありませんから、アトピー肌の方でも安心して使っていただくことができます。

 

また、水溶性プラセンタも、アミノ酸やビタミンというお肌に良い、そしてニキビを防ぐためにも効果的な成分が多く含まれているので、おすすめです。

 

ニキビを改善させる洗顔方法

 

そして、ニキビ時には洗顔方法にもこだわることが大切です。
ニキビができてしまったら洗顔をたくさんして皮脂を減らそうとしてしまいますが、それは逆にニキビを増やしてしまうことになります。

 

洗顔のし過ぎは皮脂が必要以上に減ってしまい、それに反応した体が余計に皮脂を出そうとするので、さらにニキビが増えるという結果になるのです。
ですから、できれば夜のみの洗顔にしましょう。

 

そして、クレンジングも洗顔も念入りにやりすぎず、適度にやるということを心がけてください。やり過ぎは1日1回の洗顔でも皮脂を減らしてしまいます。さらに、その際の洗顔量も、保湿成分が含まれたものを使用する事で肌の水分量をキープしてくれるので、そういった洗顔料を使用しましょう。参考:おすすめ洗顔料はニキビ洗顔ランキング 効果ある洗顔料はこれ!

 

よく手や指で洗顔料や石鹸をすり込ませるようにゴシゴシを洗う方がいますが、これも肌を痛めて逆効果。洗顔料などは、泡の力で毛穴についた雑菌が十分に取れます。
顔につける前に、手でよく泡立ててからマッサージするように優しく洗うように心がけて下さい。

 

洗顔後は、もちろん化粧水や保湿クリームなどでケアして肌に潤いを与えることが大切。
よく脂症だから、保湿することに抵抗があるという方もいますが、保湿することとは違うのです。保湿するということは肌に水分を与えることですので、しっかりと保湿ケアをしましょう。

 

 

関連する記事:背中ニキビの治療や予防方法

医者

ニキビというと家でケアしてなんとかするものと認識している人や、放っておいたら成人する頃には治っているそう認識している人が多いと思います。

 

しかしそれは大きな間違いで病院にいくことも含めたケアをしっかりと行わないと跡が根治せず後々後悔するということになってしまいます。

 

皮膚科で行われているニキビケアには様々な物がありますが、一番初歩的なものは軟膏を使用した対処療法が挙げられます。

 

それじゃあ家で薬をつけるのと何も違わないと思われるでしょうが、皮膚科で処方される薬は市販のニキビ用軟膏よりも強力で中々治らない大きなニキビなども皮膚科処方の軟膏を使用すればすぐ完治といった事も多々あります。

 

これと合わせてそもそもニキビが出てこないようにするために、内服薬としてビタミン剤などが処方される事が多くこの二つを合わせてケアしていくというのが皮膚科治療の基本形となります。

 

これらの治療で効果がなかったり、そもそもあまりにもニキビが酷いような場合はケミカルピーリングという方法があります。

 

これは薬剤を使用して皮膚を溶かすという治療法で、聞いただけでは恐ろしい治療法のようにきこえます。しかし、その効果は大きいもので出来ているにきびはもちろんの事赤いニキビ跡にも効果絶大で、余談ですがシミなど他の皮膚の問題にも効果があります。

 

ただケミカルピーリングは前述の通り皮膚を溶かすということを行うので元々皮膚が薄かったり、他にもアトピーなど持病がある人はケミカルピーリングを受けると問題が起こることが多く、基本的に受けることを推奨されていません。

 

また特に問題ない肌質で治療を受けた人も術後からしばらくの間は、日焼け止めなどを使用して紫外線から肌を守る注意を行わないとニキビは治ったが今度はシミが出来たなどということにもなりかねないので注意が必要です。

 

これでも効果がない場合などは最終手段としてレーザー治療が用いられます。
ニキビ跡のクレーターなどの治療として注目される事が多いですが酷い状態のニキビにも有効な治療法なので、どうしてもという際には皮膚科にレーザー治療を行って欲しいと言う旨を相談するのがよいと思われます。

 

明らかに酷い状態のニキビや、長年ニキビが治らない方は皮膚科での治療がおすすめです。

 

 

 

背中

ニキビというと青春のシンボルなどと呼ばれ思春期の頃は多くの人が経験していると思います。

 

でも中には10代の時にはニキビに悩まなかったのに大人になってから悩む人もいます。それも背中ニキビなどの体にできるのです。

 

背中だと目に見えにくい場所なので、ある日痒みを覚えてその存在に気づく事が多いようです。

 

こうしたニキビは思春期のニキビと違いホルモンの影響で発症するのではありません。

 

大人ニキビはストレスや生活習慣、睡眠不足などが原因であなたの生活の中に問題があります。
普段は見えない場所にあるといっても衣類に接する機会の多い背中は炎症を起こしたニキビがあると痒みは強く完治も難しくなります。

 

また、特に女性にとっては結婚式やパーティーの時などに困ります。
ドレスを着た時に汚い肌を見せる事に抵抗を感じてしまうかもしれません。
そこで背中ニキビ対策について見ていきましょう。

 

背中ニキビの治療法は

 

顔や胸にはニキビがないのに背中にできる人がいます。
顔などにできるニキビならすぐに気づく事が出来ますが、背中にできた場合、気づくまでに時間がかかり気づいた頃には慢性化してしまっているケースもあります。

 

こうなると治療は長引いてしまいます。痒みや痛みがひどい場合には専門医に診てもらうのがよいでしょう。

 

治療はビタミンc誘導体を含むローションや化粧品を使った保湿、毛穴を塞いでいる角質を取り除くためのピーリングなどを中心に行います。

 

重要な事は、肌の老廃物を取り除き、保湿すること。そうすることにより肌のターンオーバーが活性化されてニキビの無い綺麗な肌に生まれ変わるのです。

 

 

背中ニキビの予防方法は

 

大人になってから発症した背中ニキビは、普段の生活の中に原因があります。

 

不規則な生活、睡眠不足、食生活の乱れなどです。自律神経が乱れると、ホルモンのバランスが崩れます。それは肌トラブルの原因になります。ですから生活を改善しましょう。

 

規則正しい生活はもちろんの事、睡眠もしっかりとりましょう。
その上で、ビタミン類を多く含んだ食事に気を配るなど栄養バランスも気を付けましょう。

 

背中ニキビは普段人目に触れない場所だからといって放っておくと、悪化する可能性もあります。また、女性なら背中が大きく開いた服を着る時なども気になるでしよう。

 

そんな時に慌てないで済むように早めに対策を打っておく方がよいでしょう。背中ニキビ専用のスキンケアもお勧めです。参照:背中ニキビ治し方徹底ガイド l ニキビ跡まで早く治す秘密

 

 

化粧水

ポツポツできたニキビ・・・できるだけ早くお肌から消してしまいたいですよね。
ドラッグストアに行けば、ニキビに関する商品はたくさんあれど敏感肌の方はどれを使ったら良いか分からず、悩んだことは無いでしょうか。

 

なかにはお肌の悪い菌も悪い菌も殺して、ニキビ肌を撃退する商品もありますが敏感肌の方がこのような商品を使ったらどうなるでしょう。
ニキビだけではなく、お肌全体に強いダメージを受けてしまいます。

 

そこでおすすめなのが、花王のキュレルのシリーズです。
キュレルはもともと敏感肌・乾燥肌の方を対象とした商品なのでお肌に弱い方でも安心して、使用できます。

 

無香料・無着色・低刺激なだけではなく、ニキビ肌にも効果的な成分が入っているので注目です。その成分は、「アラントイン」という成分です。

 

こちらには皮膚の修復作用や、赤みを抑える抗炎症作用があります。だからニキビ肌にはもってこいの化粧水なのです。

 

さらに、ユーカリエキスが入っているのでお肌の乾燥を防ぎうるおいのある肌へと導きます。あごの周りにできた大人ニキビにも効果大ですよ。

 

キュレルのシリーズには皮脂トラブルを防ぐ商品もあります。
皮脂の分泌が過剰なために、ニキビができやすい方にはこちらがおすすめです。

 

肌を傷つけずに使える、泡洗顔もあるので化粧水と併用して使用されるのをお勧めします。余分な皮脂だけでなく、毛穴の汚れもスッキリ取り除いてくれます。
化粧水の後は、保湿ジェルで潤いも守りましょう。

 

ニキビ肌だとどうしても、ごしごしと頻繁に洗ったりしがちなのですがきちんと潤いを残すことも大事です。皮脂トラブルケアシリーズはノンオイリー処方なので、「つけたらベタベタするかも」という不安はありません。

 

メイクをされている方は泡洗顔の前に、ジェルのメイク落としがあるのでそちらを使用してください。間違ってもニキビ肌に、オイルのメイク落としなどを使用されないように注意してください。

 

1ヶ月ほどの使用で、お肌の状態が徐々に改善されていくはずです。
ニキビ肌の方は一度試されてみてください。

 

 

体験談の女性

私は26歳で都内で秘書をしている女性です。
私がニキビで悩み戦った体験談をぜひ参考になれば幸いです。

 

ニキビは顔に出来てから消えるまでが結構早く、跡に残ってしまうものもありますが色素沈着しない限りは治るものだと思います。

 

化粧品を変えたり洗顔方法を変えて、すぐ治ったと思っても実際は根治せずに残っている場合もあるのです。基本的なことなのですが食生活から見直す必要があります。

 

必要な栄養素は年とともに体と一緒に変化していきます。それを判断しないとニキビが再発してしまうのです。私もそうでした。

 

若いころはニキビはできずずっと同じような油物を食べて生活していました。それでもニキビができませんでしたしテレビなどでニキビを絶つには油物をやめろ、といわれてもニキビのない私には関係ないと思っていました。

 

20歳をすぎて就職したころから顔にニキビが出来始めました。すぐ治るだろと思っていたのですが治らずむしろ悪化していきました。

 

原因もわからないし、顔はいつもきれいにしているしなんだろうなぁと思っていたのですが食べ物が原因でした。油物です。

 

油物を毎日のように食べているせいでした。
しかもジャンクなものばかりで今から思えばよくあんなに食べていたなと思います。

 

化粧水を変えてもダメですし、ニキビを治す薬を顔に塗ってもダメでした。原因は自分の食べるものにあったのですから当たり前ですね。

 

ニキビについて調べていくと、やはり油物はNGというのを見かけ試しに三ヶ月ほど食べるのをやめてみました。すると肌がつるつる、ニキビもなくなったのです。

 

しかし私は浅はかで、治ったから大丈夫だろうとまた油物をとってしまったのです。
そこからまたニキビとの戦いでした。

 

程度よく、質のよい油なら問題はなかったのでしょうが私の場合またジャンクを沢山たべてしまったので、体にたまり表面にでるという結果になってしまいました。

 

そこからまた油物を絶ち、しかし無理に油物を全部絶つとストレスになりそうなのでできる範囲で絶ち、体に害のない程度は油ものを食べるようにしました。

 

おかげですこぶる調子もよく、今も同じ生活を続けていますがニキビはできません。
何事も長い時間をかけてじっくりと取り組まなければ根治はしないものだと感じています。

 

 

ニキビは内側からのケアが大切です。参考:ニキビを治す生活習慣のケア

 

悩む女性

ニキビは顔に出来るボツボツのことで、主に思春期のお肌に多いものだとされています。

 

思春期ニキビは赤い色をしていますが、大人になってからのニキビは白い色をしていることがあります。

 

ニキビと言っても赤ニキビと白ニキビがあります。どちらであろうと見た目が悪く落ち込んでしまういます。せっかくの楽しい時間を楽しめないのは良くないことです。

 

ニキビができるのは綺麗にしてない証拠だと言われるけど、そうではありません。
ニキビを持つ多くの方はケアに関心があり、洗顔料を使って常に清潔にするように心掛けています。

 

そして、洗顔の後には化粧水と乳液を使って保湿するなどの徹底したケアをちゃんと行っている人が多いように思います。それなのに記事を読むと、治らないというのが現実の声です。

 

顔を清潔にするというのは外側からのケアで、それについては合格です。
だけど、ニキビを治すには外からのケアだけでは不十分なのです。

 

ストレスを溜めないなど生活習慣の改善

 

内側からのケアだって大切です。
どんなケアがあるのか?ストレスを溜めないことです。

 

イライラしたり疲れが溜まることはストレスに該当します。
日々の生活でストレスが蓄積していくことで人間の体から活性酸素が発生します。

 

有害物質の活性酸素は、ニキビの進行を促進させてしまいます。
生活の中で紫外線に当たることでも活性酸素は発生すると言われています。

 

この活性酸素は、多くなりすぎると人間の体の働きを壊すと言われています。
例えば、血行が悪くなったり、疲れやすくなったり、お通じが悪くなったり、肌荒れになるのは活性酸素の仕業かもしれません。
それを少しでも減らしてあげることがニキビを改善する近道です。

 

ニキビが出来やすい食べ物があります。
みんなが大好きなチョコレートや甘いお菓子、ファーストフードです。これらは腸内環境を悪くしてお通じが悪くなります。

 

排出するべきものが体の中に溜まってしまうと血液がドロドロになります。
すると活発になった活性酸素のおかげで毛穴の皮脂が酸化して菌が増殖するため、ニキビになります。

 

だから、もとになるお菓子を極力食べないようにすることが大切です。
食べ物ではお通じを良くしてくれる野菜とヨーグルトがおすすめです。

 

毎日お皿1杯分は摂取しましょう。
そして、十分な睡眠と出来るだけイライラしないようにしましょう。

 

さらに詳しい記事はコチラ:ニキビと食生活の見直し

 

食事

思春期ニキビも大人ニキビもできる原因はさまざまなのですが、どちらにも共通して言えるのは食生活の中身にこだわると少しは改善されるという点でもあります!

 

もちろん、きちんとした睡眠などの生活習慣にこだわることも大事なので、食生活とともに改善をしていくとより効果が出てきます。

 

ニキビができにくくなる食生活というのは、酵素をしっかりと摂取する食生活を心がけるということでもあります。

 

高温で調理をするとせっかくの食材が持っている酵素力は死滅してしまうので、ニキビができないようにするためにはとにかく加熱をしない状態の食事を取り入れることでもあるのです。

 

しかし、生の状態のものばかりだと体は冷やしてしまうので、数品用意をしてその中の半分程度のおかずで試すのがベストかもしれません。

 

旬の果物適量やサラダを食事に必ず取り入れたり、人参やレモンやりんごで作る手作りスムージージュースを取り入れたりすると酵素がたっぷりと摂取できるのでニキビができにくい肌質へとどんどん変化していきます。

 

ヨーグルトや納豆を取り入れたり、塩麹や甘酒をドレッシングなどにプラスして利用してみたりするのもかなり有効です。

 

お刺身、少量の糠漬け、野菜たっぷりの冷汁、大根おろしなどを積極的に食事にプラスしてみたりするのも酵素がたっぷりととれるのでおすすめなのです。

 

酵素をたっぷりと意識して摂取する生活を工夫しながら続けているだけで、ニキビができにくい肌に次第に変化していき、気がつくとお肌全体がつるつるになってきたりするので感激する人も多いはずなのです。

 

酵素を日々取り入れることによって、腸の内部がびっくりするほどきれいに整ってくるので、お肌にもきっと良い影響を与えてくれるのでしょう。

 

日々のこだわりの食生活の積み重ねは、どんなニキビ効果をうたった基礎化粧品を使うよりも、美肌になれる近道だと実感するので、是非じっくりと自分の食生活を見直してニキビと向き合ってほしいものです。

 

外側からのケアはこちら:ニキビに効果的な基礎化粧品と洗顔方法