油モノ ニキビ対策

 

油物を控えてニキビと戦った女性の体験

体験談の女性

私は26歳で都内で秘書をしている女性です。
私がニキビで悩み戦った体験談をぜひ参考になれば幸いです。

 

ニキビは顔に出来てから消えるまでが結構早く、跡に残ってしまうものもありますが色素沈着しない限りは治るものだと思います。

 

化粧品を変えたり洗顔方法を変えて、すぐ治ったと思っても実際は根治せずに残っている場合もあるのです。基本的なことなのですが食生活から見直す必要があります。

 

必要な栄養素は年とともに体と一緒に変化していきます。それを判断しないとニキビが再発してしまうのです。私もそうでした。

 

若いころはニキビはできずずっと同じような油物を食べて生活していました。それでもニキビができませんでしたしテレビなどでニキビを絶つには油物をやめろ、といわれてもニキビのない私には関係ないと思っていました。

 

20歳をすぎて就職したころから顔にニキビが出来始めました。すぐ治るだろと思っていたのですが治らずむしろ悪化していきました。

 

原因もわからないし、顔はいつもきれいにしているしなんだろうなぁと思っていたのですが食べ物が原因でした。油物です。

 

油物を毎日のように食べているせいでした。
しかもジャンクなものばかりで今から思えばよくあんなに食べていたなと思います。

 

化粧水を変えてもダメですし、ニキビを治す薬を顔に塗ってもダメでした。原因は自分の食べるものにあったのですから当たり前ですね。

 

ニキビについて調べていくと、やはり油物はNGというのを見かけ試しに三ヶ月ほど食べるのをやめてみました。すると肌がつるつる、ニキビもなくなったのです。

 

しかし私は浅はかで、治ったから大丈夫だろうとまた油物をとってしまったのです。
そこからまたニキビとの戦いでした。

 

程度よく、質のよい油なら問題はなかったのでしょうが私の場合またジャンクを沢山たべてしまったので、体にたまり表面にでるという結果になってしまいました。

 

そこからまた油物を絶ち、しかし無理に油物を全部絶つとストレスになりそうなのでできる範囲で絶ち、体に害のない程度は油ものを食べるようにしました。

 

おかげですこぶる調子もよく、今も同じ生活を続けていますがニキビはできません。
何事も長い時間をかけてじっくりと取り組まなければ根治はしないものだと感じています。

 

 

ニキビは内側からのケアが大切です。参考:ニキビを治す生活習慣のケア